Tuesday, August 04, 2020
  |  Login
 

 著者プロフィール Minimize

■久保秋 真(くぼあき しん)
メーカー系ソフト開発会社などを経て、2007年より(株)アフレルに勤務株式会社アフレル勤務。LEGO Mindstormsを活用した技術研修の教材開発・講師を担当し、全国を駆け回る毎日。Railsやアジャイル開発に関心を示すも、実はモデル駆動開発(MDD)にご執心。ETロボコン、MDDロボットチャレンジではモデル審査員を務める。鉄道のポイントが好きで鉄分濃度高し。早稲田大学理工学術院非常勤講師、日本大学生産工学部非常勤講師。情報処理学会、ソフトウェア科学会、各会員。

■後藤 修一(ごとうしゅういち)
株式会社ディーツーコミュニケーションズ勤務。システム開発ベンダーにてUMLを中心としたモデラーとして業務・システムの可視化に取り組んでいたが、現在はユーザ企業のシステム部という立場でシステムの企画・開発に携わる。日々のルーティンワークの自動化や既存システムのマスタメンテといった手作業を自動化する際に、Railsの手数の少なさと便利さを実感する。自社サービスの他の案件にも適用できないか、目下模索中。
余暇は子育てとバンド活動にいそしむ。

■中村 真一郎(なかむらしんいちろう)
GMOメディア株式会社 システム本部システム開発部コミニティ開発グループ勤務。かつてはフレームワーク開発をおもに行っていたが、現在はシステムアーキテクトという立場でブログサービスの開発を担当。Javaを最も得意とするが、Rubyに興味を持ち、時間さえあればRuby On Railsの研究をしている。余暇はテニスやフットサル、映画鑑賞をして過ごしている。日々心掛けていることは、「毎日必ず一つは新しいことを学ぶ」「100%の実力を出せる雰囲気、環境を作る」。